Home » 昆布を知ろう! » 昆布の種類

函館近郊の昆布の種類

マコンブ(真昆布) Laminaria japonica Areschoug

<名前の由来と分布>
マコンブという名前は、我が国の代表的な種であることから、真のコンブすなわち「まこんぶ」と命名されました。ラテン名のjaponica も同じ意味です。別名、えびすめ(和名抄)、ひろめ、しのりこんぶ(函館)と呼ばれています。
本種は、本道では室蘭から松前、本州では宮城県女川から青森県日本海側まで分布し、渡島半島では生産地により白口浜(砂原から恵山岬近傍)、黒口浜(恵山岬近傍から潮首岬)、本場折り浜(潮首岬から函館湾)、茅部折り浜、眞折り浜、場違い浜等の名前が冠されて流通しています。特に、前3者の地帯を品質の高さから「道南3銘柄」地帯と呼んでいます。
<形と生活>
 体は、「葉状部」「茎状部」「付着器部」に分けられます。コンブなど海藻類では、陸上の植物のように、根から水分や栄養分を吸収せず、体の表面から栄養を吸収します。そのためコンブの「根」は、体を岩に固着する機能だけを有するため「根」とは呼ばず「付着器」と呼びます。
葉状部は、革質の笹葉状で、長さ2~5m、幅30~40cmで、基部は丸く、中帯部(葉状部中央に溝のよう縦に形成される窪み)の幅は、葉幅の 1/2~1/3を占めます。色は若いころは、黄褐色で、漁期には褐色。渡島半島周辺の入り江や湾入した「澗」など比較的波当たりの弱い水深2m~20mの岩礁地帯に生えます。寿命は2年です。

ミツイシコンブ(三石昆布)Laminaria angustata Kjellman

<名前の由来と分布>
名前は、生産の主産地、日高地方の三石に由来します。ラテン名のangustataは、「狭い」という意味で、中帯幅(後述)が狭いという意味です。別名、そうぽうし(室蘭、白老)、うらかわこんぶ*、しゃまにこんぶ*、しおほしこんぶ(恵山)、くろこんぶ(岩手田老)と呼ばれています。本種の分布は、北海道日高地方が主産地で、釧路管内白糠から津軽海峡沿岸の潮首岬です。
註:*印はKjellman och Petersen(1885)による。
<形と生活>
葉状部は、革質の帯状または細い笹葉状で、基部は楔形か円形。長さは2~7mで、幅は7~15cmで、中帯部は葉幅の1/6を占めます。色は、若いころは黄褐色で漁期には褐色になります。外洋に面した波当たりの強い、低潮線~10mの岩礁や平磯地帯に群落を形成して生えます。寿命は3年です。
<形と生活>

ホソメコンブ(細目昆布)Laminaria religiosa Miyabe

<名前の由来と分布>
本種の分布する北海道日本海中南部を挟んで、南に分布するマコンブや北に分布するリシリコンブに比べ、葉状部の形態は両者に類似していますが、小型で幅が細いことから命名されました。ラテン名のreligiosaは、「尊厳な」「宗教的な」という意味。なぜ、religiosaが用いられたのかは不明です。別名、ほそめ、はなおりこんぶ(松前)、いそこんぶ(後志)と呼ばれています。本種の分布は、北海道では、渡島半島の福島近辺から苫前までと、離島の天売島・焼尻島・利尻島・礼文島です。本州では、宮城県金華山から青森県の日本海側まで分布します。
<形と生活>
葉状部は、笹葉状で革質、長さ1~2m、幅5~15cm。マコンブに比べると小さく幅が狭い。基部は丸く、中帯部は葉幅の1/3を占めます。色は若いころは、黄褐色で、漁期には褐色。波打ち際から水深2m付近に生育し、浅い場所に生えるものは老成すると堅くなります。寿命は1年です。最近では、冬期間の水温上昇とウニ類の食害による「磯焼け現象」のため漁期まで残るものは少ない状況です。
 
ガゴメ(籠目)Kjellmaniella crassifolia Miyabe
<名前の由来と分布>
葉状部の表面に籠の編目状の独特の紋様があることから「かごめ」が訛ってつけられました。ラテン名のcrassifoliaは、「厚い葉の」という意味です。干しあがった時には生の時の独特の紋様ははっきりせず厚みが顕著であるためです。別名、がごめこんぶ、がもめと呼ばれています。本種は、渡島半島・津軽海峡周辺のマコンブの分布域の限られた地域に局在的に分布します。
<形と生活>
葉状部は、革質の笹葉状で、長さ1.5~2m、幅15~30cmで基部は円形。色は黄褐色から黒褐色です。寿命は2年です。最近養殖技術が開発され、養殖が可能になりました。

参考文献
宮部金吾著 北海道水産調査報告巻三昆布採取業 北海道庁 1902
川嶋昭二著 日本産コンブ図鑑 北日本海洋センター 1989
江口 拓編 旬の食材夏の魚 講談社 2004 

▲このページのトップへ

執筆者

松山教授

松山○○教授

■所属
○○○○○○○○
○○○○○○

■連絡先
○○○○○○