Home » 漁師と学生の交流 » 学生と南かやべの交流日記 6月分

ひろめ祭りの船こぎ競争に参加と昆布養殖場見学

日時;平成19年6月9日(土)
場所;臼尻漁港

メインスケジュール;
ひろめ祭りの船こぎ競争に参加!

参加者;
関川、川村、森田、山本(未来大 4年)
浜谷、石渡(未来大 3年)

スケジュール;8:45~
船こぎ競争に参加 ⇒ プロジェクト学習のアンケート配布


船こぎ競争 1 船こぎ競争 2  

ひろめ祭りの風景 1 ひろめ祭りの風景 2


感想(山本)
今日は南茅部の臼尻漁港で開催されたひろめ祭りに参加してきました!
長野研究室の学生4人と、長野先生のプロジェクトに参加している3年生の学生2人の合計6人で船こぎ競争 に参加しました。 僕たちは完全な初心者なので初心者の部で出場しましたが、完全にビリでした。 とゆーか棄権でした。 明らかに他の船は何か練習した感じでしたが、僕たちはぶっつけ本番でした。 スタートの合図と共に出遅れて、謎に左斜め前にかなり遅いスピードで進んでいきました。 途中無駄に1回転したりもしました 笑
そしてあげくのはてには観客の方々が大勢いる防波堤に激突し、その3分後くらいに棄権となりました 笑
棄権ということで係員の方が港まで引っ張ってくれましたが、その時あることを言われました。
「それ、違うよ」
実は、メンバーの1人が普通のオールではなく、舵取り用のオールで漕いでいたのでした 笑
そして、舵取りの人が普通のオールを使っていました 笑
でも、どっちにしろ結果は変わってなかったと思うなー 笑
そんなこんなで結果は悪かったのですがとてもいい経験をさせて頂きました。
ありがとうございました。 その後も多くの部でレースが行われ、白熱したレース展開となりました。

僕たちはレース後に昼飯を出店で買って食べて、その後今年のプロジェクト学習のテーマである QRコードに関係するアンケートを配りました。 ご協力してくださった皆様本当にありがとうございました!!!

最後に、ひろめ祭りは多くの来場者と出店によって大変にぎわっていました。 皆さんもぜひ行ってみてください!!! 鮒漕ぎレースはかなりの迫力ですよー。

 

 

日時;平成19年6月11日(月)
場所;大船支所

メインスケジュール;
小口販売についての提案

参加者;
丸谷さん、高谷さん、先生、森田、山本


スケジュール;10:00~
大船支所にて会議 ⇒ 昆布養殖場見学 ⇒ 高谷さんとの対談実施


会議風景 海の男 高谷さん 養殖昆布 1 養殖昆布 2 養殖昆布のプランテーション 海の男 先生 南茅部の天気を左右する 泣き面山 高谷さんとの対談


感想(山本)
今日の会議のテーマは小口販売についてでした。
ネットプロテクション(料金徴収代行会社)を利用してオーナー制の小口販売を すれば、ネックとなっている料金回収の負担から開放されるので、 小口販売をやろうという提案を行いました。
現在は、一番料金回収に信用がある「代金引換」という方法で代金を徴収していますが、昆布をお届けする日にはオーナーの方 に家にいてもらわなければなりません。そのためにオーナーの方に電話をして都合を合わせなくてはいけません。 これには大変な労力を使いますので改善が必要です。
会議では他に、小口販売をするときの量や料金、郵送方法についても大まかではではありますが 話し合いました。

会議後に高谷さんの船で昆布の養殖場を見学に行きました。
海原に広がる昆布のプランテーションはまさに感動的な眺めでした!!!
昆布は非常に大きく迫力がありました。

その後、高谷さんと対談をさせて頂きました!
近々このサイトでアップする予定です。
お楽しみにお待ちください!!


6月の日記はまだ続きがあります。明日6/21(木)も南茅部に行きます!
その分は後日また更新させて頂きます。よろしくお願いします。

その他、近々南茅部で撮影した写真を全てアップロードする予定です!
そちらもお楽しみにお待ちください!!

▲このページのトップへ