Home » 漁師と学生の交流 » 学生と南かやべの交流日記 10月分

南かやべの大自然の紅葉とオーナー昆布発送!

今月は9日(火)、15日(月)、17日(水)、25(木)と4回南かやべに行ってきました!!

南かやべは紅葉のシーズンでとてもすばらしい景色が広がっています。

海もとても綺麗で秋らしい落ちついた表情を見せています。海と空のコントラスト、地平線の眺望は心がやすらぎます。

と、ここで山や海の話がでましたので、南かやべの昆布がなぜおいしいかについてチョットお話させていただきます 笑

南かやべには広葉樹の多い緑豊な山々が広がっています。まさに大自然です!!
この豊な山林のおかげで南かやべの昆布はおいしいのです!

大小30余りの河川が、この大自然の養分である栄養塩やミネラルを海へと運びます!
この山と川の連携プレーが、豊富な栄養を昆布に与える海の環境をつくっているのです。
山や森がダメになると海もダメになるといいますが、まさにその通りで自然環境の偉大さを感じます。

また、このほかにもおいしい昆布の秘密が隠されています。

まず海流についてです。栄養豊富な親潮と津軽暖流が合流して、昆布の育成に最適な水温を保っています。
次に地理についてです。穏やかな噴火湾(内浦湾)の入口付近に位置し、沖は遠浅なため太陽の光が海底まで十分にあたります。
ケイ素がたくさん含まれる流紋岩地帯であることも最適な生育環境に大きく影響しています。

南かやべの昆布の美味しさは、まさに山と海の大自然のコラボレーションの賜物と言えますね。

サンキュー大自然!!!

スミマセン。話が少しそれましたが、今月は皆様の昆布と共に発送するパンフレットなどを作成していました。
それを南かやべに運んだり発送のお手伝いなどをしました!

オーナーのみなさん昆布は届いたでしょうか?

それはボクが積み込んだ昆布かもしれません 笑

28日(月)も南かやべに行く予定です!

そして来月11月9日(金)に札幌で日本計画行政学会の発表があります。

この白口浜真昆布オーナー制について発表してきます!!

 

   

 

 

 

 

また、このサイトに関する御質問や、リクエストなどございましたら
喜んで対応させて頂きますのでお気軽に御連絡ください。
よろしくお願いします!!

e-mail:ofuna.mfca@gmail.com

南かやべ漁協大船青年部
~"Ofuna Youth Team of Minamikayabe Fishermen's Cooperative Association"~
HP更新担当:山本浩介(公立はこだて未来大学)

▲このページのトップへ