Home » 漁師と学生の交流 » 交流日記とは?

漁師と学生の交流日記2007

このウェブサイトは南かやべ漁業協同組合大船支所青年部と、公立はこだて未来大学長野研究室が協働して維持管理しています。長野研究室では都市・漁村交流に関する研究を行っており、その一環として、大船支所をはじめとする南かやべの漁村地域の皆様と交流し、その記録を公開しています。若さと体力だけが売りのマチの学生が、ハードな漁業体験に挑戦したり、水産物の流通のあり方を現地で直接学んだり、漁師の皆様から貴重な体験談を伺ったりしていきます。それでは、どうぞお楽しみ下さい。 


 

▲このページのトップへ

お世話になってます

取材でいつもお世話になっている梶原昆布店さんです。梶原昆布店さんは、がごめ昆布を原料とした「おぼろ昆布・とろろ昆布」の専門店です。

 

梶原昆布店さん

 

詳しくはこちら