Home » 漁師と学生の交流 » 最終発表

卒業研究の最終発表がありました!

平成20年2月12日(火)に未来大学において卒業研究の最終発表会が開催されました! 

昨年4月に研究を開始し、最後の発表まで辿り着くことができました! 発表は非常に有意義なものとなり、その後の飲み会もサイコーでした! 笑

あらためて研究に計り知れない協力をして頂いた青年部、加工センターの方をはじめとする南茅部の方々に心から感謝致します。

本当にありがとうございました。

また、このホームページを閲覧してくださる皆様にも心から感謝致します。

この1年間ホームページを見ていただき本当にありがとうございました!

私がこのホームページを更新するのも残りあとわずかですが今後も頑張っていきます! 来年度からは来年度の長野研究室の学生と漁師の方々が更新する予定ですので今後ともよろしくお願いします。

また、今後2回の研究発表を予定しています。その詳細もこのホームページをとおして皆様に伝えたいと考えていますのでよろしくお願いします!

長野研究室の学生の卒業研究は以下のとおりです。

 

森田 聡一郎 

南かやべの昆布オーナー制を事例とした生産者へのITの定着および水産IT化による経済効果

馬場 陽平  

水産物トレーサビリティの情報と価格

関川 雅史  

新幹線開通による水産物高速輸送の可能性 

川村 竜也  

都市漁村交流における漁村地域の活性化のための基礎研究

山本 浩介  

オーナーと生産者の関係を親密にするサイトの構築

 

  
 
 

 
 

 

 

 

 

▲このページのトップへ