Home » 漁師と学生の交流 » 学生の卒業式

一年間昆布オーナー制の面倒を見ていた学生達が卒業しました。

3月19日は公立はこだて未来大学の卒業式でした。

写真ののようにみんな晴れやかな顔をしています。この一年間、卒業研究を行い、その結果を漁村や、水産業界の人たちに講演会などを4回ほど行いました。卒業論文の構成、文章化そしてプレゼンテーションなどの指導を頂いた伊藤(横山)先生(写真の女性)からは、長野研究室の卒研生はプレゼンテーションの「場慣れ」をしているとお誉め(?)の言葉を、パーティでの私との立ち話で頂きました。学生たちは、この昆布オーナー制をテーマに次のような卒業研究をまとめました。
1.漁港情報高度化によるビジネスモデル構築に関する研究

2.漁業・漁村情報化による交流アクセス数動態とその経済効果に関する研究

これから学会のシーズンになりますが、この卒業研究の結果をまとめて投稿していくのは指導教員の役目であると考えています。(長野)

卒業式後の学生 卒業パーティーで Vサインで人生の出発

▲このページのトップへ

公立はこだて未来大学