Home » 漁師と学生の交流 » 荒波にもまれながら・・・。

ホタテの養殖作業の一部を少し体験してきました。

みなさんこんにちは。長野研究室の新卒研生山本です。先週の土曜日に一人で南茅部の漁師さんに会いに行ってきました。

朝6時出発。朝早かったためか、1時間もせずに到着。早速、大船地区の高谷さんに会いにホタテの養殖作業場へ。漁師さん

達は朝早くから忙しそうに作業中で、ちょうど糸につけた大量のホタテを海に付けに沖に出る所でした。すると高谷さんが、

高谷さん 「山本君、一緒に沖に行くかい?」

僕 「えっ!?沖ですか!?はい!行きます!」

僕は即答しました。こういうのはすごく好きなんです!漁船に乗って海の男になってやろうと気合が入りました。

そして、高谷さんと高谷さんのいとこの方で若いお兄さんとトキちゃん(南茅部の若いお姉さん?)の三人で沖に出ました。

その日はオホーツクに低気圧があり、海はだいぶ荒れていました。船は荒波の中、養殖場へ。船が止まると僕の気分は最悪の状態へ・・・

すると、トキちゃんが

トキちゃん 「こら!!酔ってる場合じゃないわよ!!しっかり働きなさい!!」

僕 「は、はい!!すいません!!」

トキちゃんはゲロを吐く間さえ与えてくれませんでした!恐るべし・・・。

酔っていたので仕事ができず、自分の情けなさを痛感しました。海の男になんかもってのほかなれませんでした。

今度こそなってみせます!しかし、漁師さんはすげーなとほんと実感しますね。 男らしいっす!大変な仕事だなと実感しました。

陸に戻って、帰りにホタテを大量にもらいました。家に戻って味噌汁と刺身でいただきました。これがまた最高にうまい!!

高知生まれの僕はホタテをあまり食べたことがなく、北海道を実感しました。でも楽しい一日でした!

南茅部の皆さんありがとうございました!!

漁船の上で作業する漁師さんたち。

 

ホタテ料理です。味噌汁の中にはホタテが10個ぐらい入っています。刺身も10個ぐらい。食いすぎ・・・。 

▲このページのトップへ