Home » 漁師と学生の交流 » 生昆布の配送と受け取り

生昆布を全国の小中学校に送りました。早速反響がありました。

オーナー様の昆布をお世話している南かやべ漁協の大船青年部の漁師さん達が全国25の幼稚園と小中学校に生の昆布を送りました。

翌日から早速送ったところから反響がありました。その結果です。

オーナー様の昆布をお世話している南かやべ漁協の大船青年部の漁師さん達が全国25の幼稚園と小中学校に生の昆布を送りました。

625日は未来大学の学生は7時に家を出発し、8時に漁協の大船支所に着きました。青年部の人たちは昆布のもう水揚をしていました。

生昆布を2枚ずつビニール袋に詰めて海水を入れ、そしてそれを発泡スチロールの箱に詰めます。学生達が昆布養殖の説明をしてDVDやアンケートを水に濡れないように袋に入れたものを同封しました。

 

一つの学校に2箱3箱送るところもあり、全部で30箱になりました。11時に日本郵便の配送車が積込みに来ました。クールで送ってくれるというので、暑い沖縄などへ送るのにも安心出来ました。

新聞も2社ほど取材があり、翌日の新聞に大きく掲載されました。

 

▲このページのトップへ