Home » 漁師と学生の交流 » イカマイスター

イカマイスター

11月22、23、24日は、函館イカマイスター養成講習会でした。

手に持っているのは、公式テキストブックです。

イカマイスター認定制度とは、函館の代表的な水産物であり「市の魚」にも指定されているイカについて、その生産・流通・加工・販売・料理法等について熟知する「函館イカマイスター」を養成し、認定することで、食育、魚食普及、また地域ブランの強化とPRに努めると共に、生産・流通から消費まで正しいイカの理解と消費を促進し、函館の水産業、流通加工工業、魚介類小売業および観光業の活性化と地域の復旧に貢献しようというものです。(函館イカマイスターHPより)

長野先生も発起人の一人として、講師をしています。イカマイスター養成講習会は今年で2回目になります。

イカマイスターの認定を得るためには、養成講習会の受講と認定試験に合格する必要があります。

認定試験は平成20年12月7日と平成21年1月にあり、どちらかで受かれば認定されます。

養成講習会は、イカについての講義と解剖、調理を3日かけて行います。

講義の様子です。

場所は、北海道函館キャンパスです。

これから解剖します。・・・詳しくは載せないでおきます。

イカ墨やら、なんやらで 大変でした。

 

調理実習の様子です。

私たちの班は、調理するのが一番遅かったです。

完成しました!

 

イカの刺身、イカシュウマイです。なかなかの出来ではないですか??(自画自賛ですが(笑))

お腹いっぱいになりました。おいしかったです。

あとは、認定試験がんばりたいと思います!!

▲このページのトップへ