Home » 漁師と学生の交流 » 南茅部へ取材。

先日17日、南茅部に行ってきました。

みなさん、こんにちは!
長野研究室の足達です。

先日17日、長野教授    が南茅部の宮田さんと打ち合わせがあったため、私も同じ研究室の西山君と一緒に南茅部に行ってきました。

実は8月9日に函館でボート競走があり、私達もその企画・主催のお手伝いをさせて頂いてるんですが、昆布を景品としたいとお話したところ、昆布を提供してもらえることになりました。
ありがとうございます!

南茅部の昆布の宣伝にもなってくれれば良いですね。

そのあと作業場を少し見学させて頂きました。

作業場

いつも思うのですが、南茅部の人達はいつも手際よく、効率よく作業をされています。
昔から蓄積された知恵の賜物と、熟練の業ですね。


その後、帰りに元南茅部町長の飯田さんのお宅にお邪魔してきました。
そこで奥さんから、かぼちゃのお汁粉とイカの野菜巻きを御馳走になりました。

かぼちゃのお汁粉

イカの野菜巻き

 かぼちゃの白玉なんて初めてだったのですが、シンプルでとても美味しかったです!
あ、ちなみに「お汁粉」は関西では「ぜんざい」って言います。

イカの野菜巻きもイカがとても柔らかくて美味しかったです!
塩とコショウで味付けされていたんですが、イカの味がしっかりしていました。
今くらいの時期のイカが一番美味しいそうです。
皆さんもイカを食べましょう!


どちらもとても美味しかったので、ペロリと食べてしまいました。
今度、作ってみようと思います!

▲このページのトップへ