Home » 昆布の里から » 昆布創作レシピ 2

早煮昆布ひじき仕立てと鶏肉の昆布〆です

早煮昆布レシピ2例を考えました。

 早煮昆布のヒジキもどき料理と鶏肉の早煮昆布〆です。参考にしてください。

 

1.早煮昆布のヒジキもどき料理

早煮昆布を小さく切ってヒジキと同じように料理してみました。酒の肴に、おかずに結構いけますよ。

先ず早煮昆布を細く切り水に戻します。分量はオーナー様にお届けした白口浜真昆布早煮昆布一本でした。

 

それを油で少し炒めたのち(水分をたくさん含んでいるので温めると言ったほうが正しいかもしれません)、だし汁(カツオの出汁)を入れ、熱を加えます。私の場合、小さい鍋がなかったのでフライパンでやりました。少し温まったときに小さく刻んだ油揚げともやしを入れました。分量は油揚げ小3枚と、モヤシは袋詰めの半分ぐらいを使いました。モヤシは単に一袋18円と安かったから使っただけです。

そののち醤油大匙4杯?6杯くらいと、みりん大匙一杯を加えて強火で温めました。いつも羅臼の深層水「苦汁」を入れています。

 

 

お皿に盛りつけたところです。もっと早煮昆布があってもいいかなーと言うところでした。

かなりいけます。

 

 

2.鶏肉の早煮昆布〆

鶏肉を一端だけ切らないで、二つに包丁を入れます。それを開き、胡椒を振りかけたのち、チーズを置きます。その上に早煮昆布を適当に切って少し水に戻したものを載せます。

 

そして一方の鶏肉をかぶせます。そこで、ニンニクを小さく刻んだものを鶏肉全体に塗せます。

 

小さな容器に入れ醤油を浸します。しばらく冷蔵庫に入れ昆布締めの要領で保管します。

 

そして、フライパンで炒めました。ニンニクや醤油の味に負けているようでしたが、美味しかったです。ニンニクの味が効いていました。

▲このページのトップへ