Home » 漁師と学生の交流 » 昆布からはエネルギーも取れます。

養殖コンブは日本をエネルギー大国にする可能性を持っています

昆布からはエネルギーも取れます。

養殖コンブからは、養殖過程で多くの残滓が出ます。この残滓は陸上で間伐材のバークや畜産の廃棄物である牛糞と混合されて、堆肥が作られます。その堆肥は農業のための肥料として利用されます。海の恵みで育った昆布は、今度は陸上の植物の恵みを育てます。次の世代に期待されている絵にかいたような循環を形成していると言えます。

養殖コンブから出てくる根の「ガニアシ」です。

一つをとり大写しするとこのようなものです。

このガニアシを材料とする函館市南かやべの堆肥工場です。

 

 そのうえ、コンブからエネルギーがとれるという実験を行っています。未来大学と関係者が進めている方法は、コンブの残滓をメタン発酵させ、メタンガスをとるものです。

メタンガスをとる室内実験を行っている東京ガスの研究所とその様子です。

横浜にある東京ガスの研究所

 

室内実験の様子です。昔の化学の実験を思い出しました。

 

そのメタンガスは、電力やプロパンガスに形を変え、利用しやすい可動性のエネルギーとなります。これが成功すれば次は、プラント実験段階そして、実用となると、広大な海を持つ日本は資源大国となります。夢がどんどん広がります。

実用段階の東京ガスのプラントです。このプラントは家庭ごみや食堂の残滓を原料にメタンガスをとっています。

 

 この南かやべの広大な昆布の養殖場が食料の供給とともにエネルギーの供給にも一役買う時代が来そうです。

▲このページのトップへ