Home » 漁師と学生の交流 » 研究紹介ハガキ

ハガキの作成、発送、無事に終わりました。

みなさん、こんにちは。

最近、寒くなってきましたね。ストーブから離れる事が出来なくなってきた、中森です。

ハガキの印刷と発送、無事におわりました。もうハガキが届いていると思いますが、是非アクセスお願いします!!

 

いろいろとトラブルがあったハガキの印刷作業でしたが、今回はハガキ作成の裏話をしたいと思います。

今年は、去年と違いハガキのデザインから印刷作業まですべて行いました。ハガキのデザインはいろいろと悩みましたが、無事出来ました。文字が少し小さくて見づらかったかもしれません。

ハガキの印刷は研究室のプリンタを使っています。家庭用プリンタから比べると断然速いので、作業がスムーズではあったんですが約3800枚の印刷作業でしたので大変でした。

まず、いろいろと色が使われているハガキの裏面の方から印刷をはじめました。最初は「結構、速いから順調に終わりそうだ」と言ってたので、初日は1000枚で切り上げました。

 

そして2日目、その日は昼から作業を始めました。その日、同じ研究室の西山君が「昨日、プリンタが壊れる夢を見た」と言ったので、正夢になるんじゃないかと話をしていました。そして作業が順調に行われている中、突然プリンタが止まりました。プリンタを調べたら、なんとインク切れになっていました!

研究室も大学もインクのストックを切らしていたので、急遽近くの電気屋さんに向かう事に、しかし在庫が無く取り寄せになりました。

プリンタは壊れんませんでしたが、まさか彼の予知夢が当たったのには驚きました。結構当たるみたいですよ。笑

 

そして3日目は、研究室のプリンタが使えなくなってしまったので自分の家からプリンタを持って行き、長野先生の部屋のプリンタの2台で作業を始めました。やはり、研究室のプリンタから見ると印刷が遅いので時間がかかりましたが、一生懸命気持ちを込めたので無事に作業が終わりました。

みなさん、アクセスお願いします!!

▲このページのトップへ